kroužek

ハンドメイドアクセサリーのkroužekのブログです。

使えてかわいいエコバッグ

こんにちは。kroužek(クロージェック)のyascoです。

来月からコンビニでもレジ袋が有料になりますね。今までも袋が要らないときはシール貼ってもらってバッグに直接入れて持ち帰ることも多かったけれど、基本コンビニへはスマホと家の鍵くらいしか持たずに行くので(散歩の途中で立ち寄ったりとか)、これからは意識して買い物バッグ持って出るようにしないと💦

kodomoe誌付録のエコバッグがかわいい

エコバッグはkodomoe(コドモエ)という雑誌の付録を愛用しています。ママと子どものためのもともとは絵本についての雑誌で、ときどきポータブルショッピングバッグが付く号と薄手の布製で大きめのトートバッグが付く号があるのです。ノラネコぐんだんなどの絵本の柄なので子どもが小さいときはもちろん、今でも愛用しています。大人が使いやすい色やデザインなの本当好き。

f:id:krouzek:20200604120650j:plain

ショッピングバッグはくるくるっと畳んで脇に付いたゴムで留めてコンパクトに持ち歩けるし、付録のわりに頑丈でいまだほつれたり破れたりしたことはないです。

右の方に写っているたたんであるブラウンのは多分5年くらい前の付録だけど現役です。
下の子が3歳の時にRSウイルスの気管支炎で入院したときに病院内のファミマでkodomoeを買って、付録のお買い物ごっこで子どもを遊ばせ、エコバッグは洗濯物を持ち帰るときなどに便利に使ったのを覚えてます。懐かしい!

布製トートバッグのほうは園や学校の行事の時に予想外の持ち帰り荷物があるときに便利なのでバッグに入れていくことが多いです。こちらはポケッタブルタイプではないけど薄いので小さくたためます。子どもにもよく貸していて、ただいま1つ行方不明😢

↑この号のノラネコぐんだんのショッピングバッグ、レジの店員さんから「かわいいですね」「うちの子もノラネコぐんだん好きなんです」なんて話しかけられることもあり、ノラネコぐんだん本当人気!

雑誌自体も絵本やママのおしゃれ、子連れお出かけ情報など毎号楽しめるので創刊号からずっと読んでいます。子育てにまつわるロングインタビューが最近は特に好きです。

 イベントでも使い捨てプラスチックを削減

 ロハスフェスタはLOHAS=健康で持続可能な、またこれを重視する生活様式のイベントなので、レジ袋としてビニールの袋を使わないという方針。リサイクルの紙袋を使ったり、お客様にお買い物袋をお持ち頂いたりするお店がほとんどです。ビニール袋以外にも食器やカトラリーも持参または現地購入となっています。そういうイベントも今後増えていくのではないかな。

kroužekは販売しているものが小さなアクセサリーなので、ロハスに限らずクラフト紙の袋でのお渡しです。また、持ち手付きの紙袋をご用意している時もありますし小さいサイズのコットンのエコバッグも販売していますので、必要なときはお声かけくださいね。

f:id:krouzek:20200604161044j:plain

まだ当分は屋内外に関わらずイベントは開催されないと思いますが、再開の折にはぜひ遊びに来てくださいね。


  • kroužekの新着情報はhttps://www.krouzek.net/のトップに表示されているお知らせで更新しています。
  • 委託先のお店、出店イベントについては「店舗とイベント」をごらんください。
  • twitterInstagramはぼちぼち更新中。LINE公式アカウントは月1回ほどメッセージの送信とタイムラインの更新を時々行っています(通知が鳴りまくるようなことはまずないです)。よかったらフォロー、友だち登録をよろしくお願いします。

韓ドラで#おうち時間

こんにちは。kroužek(クロージェック)のyascoです。
今日ははてなブログのお題でブログを書こうと思います。

お題「#おうち時間

おうち時間…もともとインドア派で、ママチャリ圏内で生活しているので、おうちにいること自体は全然苦じゃない。緊急事態宣言が解除されてもほぼ家にいます。

どちらかというと、「一人になれる時間がない」ということが私にはストレスだったりします。子どもたちの小学校は3月から休み、夫も休みか在宅勤務で常に家に家族全員がそろっている生活。家族団らんは良いことです。みんなでそろってご飯が食べられるのも良い。でも毎日毎時間ずっと4人そろっていなくてもいいのよーーーーーーーーー!!!!と心の中で叫ぶ日々。

でもそんなこと言うてもどっしよもないというか、自分で何とかできることはなんとかするのが大人なので!毎日Netflixでドラマ見てます

以前も書いたけど私は海外ドラマが好きです。中でもずっとアメリカのドラマばっかり見ていたのですが、そんな私がこのステイホーム期間中にはまったのは何と韓国ドラマです。まさかの。その昔ヨン様ブームにキャッキャしてる奥様方を見て「えーーどこが良いのかわからん…」と思っていた私が、毎日韓ドラを見ている。何ならわりと泣いてる。

観たドラマ

トッケビ

f:id:krouzek:20200531111843j:plain

何だったか忘れたけどママ友とメッセージのやり取りしているときに、「コンユがかっこいい。トッケビっていうドラマ見てみて。私はもう4周した。今5周目」って薦められて見始めてまんまとはまりました。

王の怒りと神の気まぐれで不死のトッケビ(韓国の妖怪的な。鬼とかゴブリンとかそういう感じ)になった男が、無事に死ぬために「トッケビの花嫁」を探して900年くらい生き続けているところに、トッケビの花嫁を名乗る女子高生と出会うお話。ファンタジーです。韓国ドラマにありがちと言われる「いやこれ現実にありえんやろ!」っていう突っ込みどころはすべて「ファンタジーだから!」でかき消してくれるので、すごく見やすかったです。あと、めちゃめちゃ泣いた。最後の3話くらいはだいたいずっと泣きながら見てました。ちなみに今3周目。

個人的にコンユはスーツ着てにこりともしない姿が至高だと思います。

「愛の不時着」

f:id:krouzek:20200531111930j:plain

Netflixで常にトップに出てくるけど、タイトルから昼ドラ的などろっどろの愛憎劇だと思ってて、スルーしていたドラマ。出来心で見始めてはまった。

会社を経営する女性が自社製品のテストのためにパラグライダーで飛行中に、竜巻に遭遇して不時着したのがまさかの北朝鮮。っていうあり得ない設定で始まって、その後も畳み掛けるように少女漫画展開満載なのですが、韓国に無事帰れるのか行く末が気になって気になって気づいたらはまっているので一度見てほしい。主演2人も魅力的だけど、脇を固める面々が本当に愛おしいので見てほしい。韓ドラあるあるをメタ視点で説明してくれるのも面白かったです笑。

言葉はほぼ同じ(方言程度の違いなのかな?)だけど南北で全然違う文化や人々の生活が描かれているのも興味深かったし、女の人たちがみんな守られるだけじゃなくてやさしく強かなところが良かったです。ヒョンビンのかっこよさがかすむくらいに女性たちがかっこいい。特に各「お母さん」たちがとても良かったです。見始めは「え?」って思うような登場人物が、1周見終えたら好きになってるドラマ。

「オーマイビーナス」

f:id:krouzek:20200531111943j:plain

別のママ友に薦められたドラマ。

高校時代は「大邱のビーナス」と呼ばれて憧れられていた女の子が15年後弁護士として活躍するものの大幅に増量していて、見た目がすべての韓国ではだいぶ生きづらい日々。しかも彼氏に振られた。そこで出会ったのがアメリカ帰りのパーソナルトレーナー(しかも御曹司。出た!御曹司!)。というお話。

ヒロインがとにかく良い子。自分の足で立ってるし自分のことも他人のことも信じて生きてる感じ。どんな障壁もガンガン跳ね飛ばしていくので「とにかくハッピーなものを見たい」時に見るといいと思う。単に痩せてきれいになることを肯定するんじゃなく、健康でいることが一番セクシーなんだっていうメッセージをめっちゃ出してるドラマ。

仲間たちの中にジウン君という「ハーバード卒のトレーナーで韓国語の中にちょいちょい英語混ぜてくるルーみたいな男子」がいるんだけど、きっと全お母さんが彼を好きだと思う。本当にかわいい。ルー語だけど。

韓ドラあるある

  • 御曹司とか高官の息子が絶対出てくる
  • 海外に行きがち
  • チキン屋さん出てきすぎ
  • 交通事故に遭いがち
  • みんな身長高すぎ
  • 初雪が大事すぎ
  • 邪魔してくる人がほんっとうに極悪すぎ

(個人の感想です)

そんなわけで #おうち時間

見ている間は画面と私だけの世界なので、擬似的に「一人になれる時間」なのです。PCかタブレットにイヤホンさして非日常を観にいっています。実質何の解決にもなっていないようで、意外とストレス解消になってますね。

最近では娘(ついに小6になりました)が一緒に見たがるので2周目を一緒に見たりしているけど、きわどいシーンがないので子どもが見ても差し支えないのも韓ドラ良いです。


  • kroužekの新着情報はhttps://www.krouzek.net/のトップに表示されているお知らせで更新しています。
  • 委託先のお店、出店イベントについては「店舗とイベント」をごらんください。
  • twitterInstagramはぼちぼち更新中。LINE公式アカウントは月1回ほどメッセージの送信とタイムラインの更新を時々行っています(通知が鳴りまくるようなことはまずないです)。よかったらフォロー、友だち登録をよろしくお願いします。

ラップブレスのオーダーメイドをはじめる理由

こんにちは。kroužek(クロージェック)のyascoです。

f:id:krouzek:20200529112446j:plain

SNSやサイトのお知らせ欄ではすでにお知らせしているのですが、このたびラップブレスのオーダーメイドをはじめることにしました。
お友達価格でリアルの友だちからオーダーを取ることはkroužek開始からポツポツとやっていたことなのですが、知り合い以外からのオーダーは「現在オーダーは承っていないんです🙇」とお断りしていました。それは、どういう手順と価格でお受けするのかということを考えていなかったので、気心知れた友だちの間柄でなければオーダーのやり取りが難しかったからです。

でもふと思いました。私がつくって販売しているラップブレスは自分の手首サイズや一般的によくあるサイズが基準で、巻くことで長さが取られる3連ラップブレスだとボタン穴での調節もほぼ「微調整」となり、サイズが合わない方は少なくないのでは?と。
私は169cmと背が高く(そして肉も結構ある)、靴のサイズも25cmなので、服や靴がお店にそもそもないということがかなりあります。今はユニクロZARAでLサイズを買うこともできるけど、そういうお店が身近になかった頃はMサイズやフリーサイズしかないお店に入ってしまっては悲しい思いをしていました。それなのにつくりやすいから、そのくらいのサイズの人が多いから、という理由で「Mサイズ」しかつくらないのは矛盾しているなぁ…と思ったんです。

小さな商いなのですべての商品を広いサイズ展開にするのは難しいです。ですが、オーダーメイドをお受けすることで、サイズはもちろんのこと、色やデザイン、素材の材質(金属やメッキを使わずに製作するなど)のご希望に添うことができるようになります。ネックとなっていたオーダー手順や料金もわかりやすく整えました。
オーダーはお一人のために時間を使い、場合によっては新たに材料を調達することになるため、完成品よりも価格は上がりますが、毎月お受けする件数を絞ってお一人お一人からしっかりと希望を伺いコミュニケーションを取ることで満足頂ける作品にお仕上げいたします。

詳しくはオーダーメイドのページから進んで頂き、オーダーサイトの「はじめにお読みください」をご覧ください。少し長いですが、オーダーの手順や料金、オーダーが受けられない例などをご説明しています。
オーダーメイドは6/1(月)10:00よりスタート予定です。受付開始までもうしばらくお待ちください。 


  • kroužekの新着情報はhttps://www.krouzek.net/のトップに表示されているお知らせで更新しています。
  • 委託先のお店、出店イベントについては「店舗とイベント」をごらんください。
  • twitterInstagramはぼちぼち更新中。LINE公式アカウントは月1回ほどメッセージの送信とタイムラインの更新を時々行っています(通知が鳴りまくるようなことはまずないです)。よかったらフォロー、友だち登録をよろしくお願いします。